アパレル商品の信頼性

アパレル業界の実態と信頼

アパレルショップにおける検品

まず、アパレルには大きく分けて、メーカーと卸、そして販売店が存在します。大抵、販売店はそのメーカーまたは卸店に商品を発注するのですが、その商品が到着した際に行うのが検品です。販売店が発注した内容と、実際に届いた商品が正しいかどうかを発注先からの伝票と照らし合わせながら、一つ一つ取り出して確認をします。扱う商品にもよりますが、主に確認するのは、サイズ、カラー、個数です。また汚れや不具合などがあれば、一旦除いて、交換か返品の依頼を行います。ごく小さなものであれば、値引き処理などを行った上、販売する場合もあります。アパレルというと、華やかなイメージがありますが、実際にはこの検品作業のように商品の入った重い段ボールを運んだり、体を使う仕事が多いのが実態です。

こだわりのOliver Goldsmithを身に着けませんか?とっておきのヴィンテージをさらりと身に着けるお洒落を楽しめます。世界で多くのファンがいるのも納得!

商品の検品の必要性とは

アパレル関係のものを購入すると、タグのところに検品済みという印がついていることがあります。これは商品を安心して使用できるという証拠でもあります。大人服はもちろん、子供の服なども仮縫いの時につけられた針や糸がついたままであれば大変です。安全にそのアパレル商品を着用できないず、けがの原因にもなりかねないでしょう。検品作業というのは時間がかかり、なおかつ地味な作業でもありますが、商品を消費者が安心し、安全に使用していただくためにはとても大事な作業でもあるのです。ちゃんと行っているかどうかで商品の信用性にもつながってくるでしょう。

アパレル商品の検品情報