アパレルの仕事と面接

夢見るアパレル業界の知識

アパレル企業への志望動機

アパレル企業に就職したい人の志望動機の多くは、やはりファッションや服が好きということか、またそれをコーディネートして消費者にアドバイスと提供をすることができるということだと思います。それは販売に限ってのことではありますが、デザイナーを目指している人にとっては、アパレル企業に入って自分の描くファッションが形となり、世に出てみんなが身に着けてくれることを希望しているからです。ファッションは流行の回転がとても速く、常に新しいトレンドを目指していかなくてはならない企業でもあるので、やりがいは十分にあります。

志望動機で大切なこと

アパレル業界は若い女性にとって今人気の職業ですが、就職しようとする時に志望動機でただ洋服やファッションが好きということ伝える人がいますが、大切なことはいかにお客様をそのメーカーのファンにし、魅力を伝え、売ることができるかです。接客の質を求められる今、大切なことはハードよりもソフトなのです。就職したら、どんな人になりたいか、自分自信の目標は何かを思いを込めて伝えることが面接で重要なことです。あとはアパレルに大切な笑顔を忘れずに、面接官のハートをつかむことです。自分自身の言葉で情熱を伝えれば必ず良い結果がでます。

アパレル商品の検品情報