変わるファッション

ファッションを楽しむ

時代によるファッションの変化

現在では当たり前になったジーンズ。昔は、アメリカの作業服だったこのジーンズが、これほど一般に普及するとは、もともとのアメリカ人でも予想しなかったのではないでしょうか。特に日本では、1960年代くらいまでは、ちょっとひねくれた青年が穿くものなどというイメージだったのです。ましてや中高年がジーンズファッションに身を包むなんてことは、考えられませんでした。ファッションは一種の習慣ですが、こうした常識を覆してきた人々とは、人並み外れて着こなしの上手い人々だったのです。

ファッションに磨きをかける

見かけの情報に影響されることが大きいといわれています。会ったすぐから、その人物の内面まで見分けることは困難です。ですからまずは見た印象から判断せざるを得なくなるのです。ファッションから受ける印象は、その人の人間性も問われ、内面を覗く手段として、人物像を判断する材料となりえます。色使いや装飾品なども貴重な情報源となります。自分を評価させる一つのステップとして、ファッションに関心を持つことも重要であるといえます。相手が望む人物像に近づく手段として、清潔感や上品さなどを意識したセンスを養う必要がありそうです。

アパレル商品の検品情報